«

»

5月 15

コピーIWC時計より、名誉あるプロフィールによってブランドからそれを好んだ

は、ラルフテクについて非常に多く話すようになり、私がまだブランドの全体の提供物についての意見を混ぜていた間、ここには、私が自身と気付いたコピーIWC時計があるたいてい、規則正しさそれゆえによって、その成功した「ビンテージもののスタイル」美学に擦り減り、それは、どのようによく築かれて、快適である毎日のウェアとしてであるか。それは、どうにかして、非常に読みやすい手を磨いたことを遂行し、悲しげに何かでもあるあなたいつも見るわけではない。ラルフテクWRVVオートマチック1977「パリジェンヌ」はブランドの全体のラインから私に個人的に目立つけれども、私は、そんなに多く単に味の問題であるので、それらの変えられた提供物をちらりと見るためにこのがアピールしているのを発見する読者を激励する。最後に、私はそれを言う必要がある:私は、まさに私の精神がサードパーティPC修理に行ったので、名ラルフテクにいらいらするという罪を犯しているかなりよい価値提案を示すいくつかのすばらしい断片を作っている小さいブランドというよりも買い物しなさい。

ラルフテクWRVVオートマチック1977「パリジェンヌ」は、2,000ドルマークのすぐ上で決してお買い得品ではないけれども、私は、かなり頻繁に自身がこを着用しているのを発見し、いくつかのずっと高価なコピーIWC時計より、名誉あるプロフィールによってブランドからそれを好んだ。しかし、それは、私がそれについて愛したものである;パネライのようなブランドから明らかなデザインキューがあるけれども、その部分の合計統一感があるパッケージに一緒に入る。そして、メディアであり、それらは私の好きな経験である:デザインについてのそれにおいて上辺だけ「平凡」(と私がそれを極少に傷つけるような方法で意味している時、多くの選択there)がある素材、動きなど非巧妙な仕掛けのは、まさに堅固で、おおらかな方法に一緒に入る。ラルフテクWRVVオートマチック1977「パリジェンヌ」コピーIWC時計は私のためにまさにこれをした。

私は、通常、それらを身に着けている人のジャックリチャード・ブランソン/ジェームズ・ボンドのスポーツのと男らしさの「極端な」性質を見せびらかすようにデザインされたブランドスタントと販売イベントを少なく気にすることができた。私は通常何でもレビューをはずれてスタント似であるままにしておくけれども、これは実際かなり涼しく、言及する価値があるそれが本当のおよび。2005年7月に、彼が、ラルフテクを着用していることで330メートル飛び込んだ時には、パスカルBernabeは、最も深い助けを借りないスキューバダイビングのための世界レコードを達成した。Bernabeによると、コピーIWC時計は、彼がそれを持っていた機器の唯一の断片であったあるポイントで誤動作しなかった、そして、彼は、なしで、彼のダイビングが成功ではなかったであろうと特に言い続けた。Notで、科学またはデータベースであるけれども、ブランドの信頼性の承認が行く限りかなり納得できるね?

ラルフテクWRVコレクションは、より積極的にデザインされるそれらのWRXラインと対比されるようなよりカジュアル注視を攻撃するそれらの「ヴィンテージ引き起こされる」ラインである。幸運にも私のために、このラルフテクWRVVオートマチック1977は2、3の理由のためのブランドによって私の好きなモデルである。私は、あなたが、感傷によって、考案されたコピーIWC時計であらずにその男らしさでそれが安全であることを合計することができると思い、過剰補償するか、またはトンカトラックのように見えることを最終的にするためにだけ非常に熱心にトライする必要を感じる。

コピーIWC時計が占める実際の手首不動産よりもっとたくさんの手首存在が、幅26mmのつり革のため幅43.8mmであるあなたに到着する。それは、コピーIWC時計においていつも私が真価を認める何かである-私が、似ていると感じている時には、私はまさに右を身に着けているそれのそんなに大きい範囲への緩めなしのサイズは、私のものよりより小さい手首の人々をうんざりさせる。私はあなたのように考えて行きつり革で広い、一般~42mm領域に滞在する間、ここで見る、カップルミリメートルを与えるか、または取りなさい大きい習慣、および私が、もっと見ることを気にしないものである。

実際、何回オンにおいて人々がコメントするかがおかしいか、またはコピーIWC時計サイズについて不満を言うけれども、私は、輪またはつり革幅が違いの世界を作る何かであることに気づいた。正直なところ、私はよりしたもしそれが、たいていあなたが世の中に見るものである幅22mmのつり革を持っていたならばこのがたくさん好きであるけれども、私は、ここの幅26mmのつり革を愛しているのを本当に学んだ。

言われているこれ、私は、少し大きすぎるために、バックルをラルフテクWRVVオートマチック1977「パリジェンヌ」に見つけて、それは、小さいベルトの感触を持っていることをほとんど最終的にした私に曲がる。幸運にも、黒い子牛革つり革は、人が予期できるのと同じくらい快適にあり、それはその上大きく見える。もしあなたが、上に物をわずかに変更する気持ちにいるならば、コピーIWC時計は、また、良い追加分である黒いZULU弾道ナイロンつり革と来る(残念で、私達は、それの写真をとることを忘れたけれども、あなたはここでそれを見ることができる)。しかし、正直であるように、私は革つり革を愛し、ボーリングされず、まだそれに飽きていない。しかし、耐震性のNATO探検家ケースに入ることについてのそれゆえ、知っているニース私は外でそれを容易に変更できて、また、つり革変わるツールと来る。

ケースは、黒いベゼルおよびつや消しの黒いダイヤルでされた316Lスチールによって作られる。WRVラインからのこの「パリジェンヌ」モデルの黄色い金被覆されたインデックスは、このコピーIWC時計についての私の好きな物のうちの1つであり、私は、ただ、それらによって、黒の簡単な使用を、まさに正しくされると気付く。